すくすくまことくりにっく

  • 〒247-0056
    神奈川県鎌倉市 大船2-25-20-1F

すくすくまことくりにっく

MENU

知る、学ぶ

  • 気球
  • 気球
  • 気球

こどものデルタ株感染症

RSウィルス感染の流行は収束してきておりますが、新型コロナウィルス感染症は拡大が続いております。 首都圏のコロナウィルスの感染者の98%はデルタ株になっています。 感染拡大につれて、自宅待機者も増えていて、こどもの感染者も増えています。 神奈川県の新型コロナウィルス感染症の報告では、20歳未満の割合は、今年の1月は全体の10%程度でしたが、最新の報告数では、18%程度と増加しています。特に10歳...

RSウィルス感染症に注意しましょう。

RSウィルス(rspiratory syncytial virus)感染症が、例年より早く流行しています。 RSウィルス感染症とは、RSウィルスの感染による呼吸器の感染症です。生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染されるとされています。以前は冬に流行していましたが、近年では夏季に流行が始まるようになっていました。昨年は、新型コロナウィルス感染の影響でほとんど流行がありません...

赤ちゃんのうつぶせ寝とSIDS(乳児突然死症候群)について

赤ちゃんのうつぶせ寝は、SIDS(乳児突然死症候群)になりやすいと言われています。SIDSとは、元気だった赤ちゃんが、睡眠中に突然なくなってしまう病気です。日本では、赤ちゃんの6000~7000人に一人におこると推定され、生後2~6か月の時期に特に多いとされていますが、稀に1歳以上でも起こることがあります。SIDSのはっきりとした原因はわかっていませんが、これまでの研究で、時期としては冬季に、時間...

赤ちゃんの股関節脱臼について

発育性股関節形成不全症(先天性股関節脱臼)   難しい病気のように聞こえるかもしれませんが、少し前まで「先天性股関節脱臼」と言われていた病気です。先天性という生まれつきの病気と思われがちですが、生まれつき脱臼していることは少なく、生後の環境要因によって股関節が脱臼する例が多いことがわかり病名が変わりました。脱臼というのは関節が抜けてしまう状態です。 成人後に脱臼がある場合は、下肢短縮のた...

ワクチン接種後のアナフィラキシー

コロナウィルスワクチンの副作用の頻度は高くありませんが、予防接種後のアナフィラキシーなど重い副作用を疑わせる症状がみられた場合に備えておきましょう。 急激に症状が進み、一つの臓器にとどまらず、複数の臓器に重い症状が現れる場合をアナフィラキシーといいます。アナフィラキシーに血圧低下、意識障害などショック状態を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。 ワクチン接種直後から、時には5分以内、通常3...

コロナ肥満に注意しましょう

こどもの肥満は、将来の生活習慣病につながり、心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な疾患のリスクが上昇します。幼児期から肥満にならないよう注意しましょう。 コロナ禍において、活動自粛による運動量の減少、外出自粛などにより在宅時間が長くなり、間食の増加、偏食などによる栄養の偏りに伴い肥満が増加しています。 クリスマスやお正月で摂取カロリーが増える可能性あり、肥満にならないよう注意しましょう。   肥満...

新型コロナウィルス感染症についてわかっていることのまとめ

寒くなり、空気も乾燥してきたため、風邪が流行りやすい季節になりました。新型コロナウィルス感染症が、さらに増加する可能性が考えらます。 新型コロナウィルス感染症について、10月までに分かっていることのまとめが、厚生労働省のホームページに掲示されました。 こちらのQ&Aを参考に、改めて、3密を避け、マスクを外しての会話の機会を減らすなど、新型コロナウィルス感染症対策を考えなおしましょう。 新型...

ロタワクチンが定期接種になります

2020年10月1日より、ロタウィルスワクチンの自己負担がなくなる定期接種となります。 ロタウィルスワクチンには2種類ありますが、どちらを選んでも費用を自己負担する必要はありません。対象は2020年8月1日以降に出生した赤ちゃんで、10月1日より適応となります。9月30日までに接種希望されるかたは自費になりますのでご注意ください。 1価ワクチンは生後6週から24週まで、5価ワクチンは生後6週から3...

ワクチン間隔の変更について

2020年10月1日からワクチンの接種間隔が変更になります。 異なるワクチン間の場合、接種してか次のワクチンを接種するまでの間隔に決まりがあり、生ワクチン後は27日以上、不活化ワクチン後は6日以上の間隔をあける必要がありました。 しかし、令和2年10月1日から改定され、その制限が一部緩和されることとなりました。 今後は、注射の生ワクチン間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンに...

小児の新型コロナウィルスについて

新型コロナウィルス感染症を疑う基準として、厚生労働省から「37.5℃以上4日」という受診基準がありますが、小児では実際的でないと考えられます。軽い症状であれば、自宅で経過観察でよいでしょう。お子さんの状態を観察することが大切です。
生後3か月未満で38℃以上ある場合、呼吸が苦しい場合、ぐったりして顔色が悪い場合、水分が摂れず半日以上尿が出ない場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。元気...
1 2